快眠と食事の関係

快眠をするには食事が影響を及ぼす?

快眠する猫

 

好きな物を食べてお腹がいっぱいになれば、幸せな気持ちになって眠くなる…。
このように感じている人は多いと思います。

 

実際に、私も好きな物をお腹いっぱい食べると眠くなりますし、
それは人間としては自然なことなんだそうです。

 

ただ、それが睡眠に良い効果をもたらすか…と言われれればそうでもありません。
これは、人間の体温に関係してきます。
深い眠りに就くための条件は、睡眠中に体温が下がっていくこと。

 

眠る前に食べてしまうと、仮に眠りに就くことができるとしても消化・吸収の作用が働くので、
体温が上がったままになってしまいます。

 

なので、睡眠に入る2,3時間前には何も食べないようにする方が良いようです。
ただ、お腹が減ると睡眠どころではなくなるということもありますよね?
そんな時には、お腹に入れても体温を上昇させにくいモノをチョイスすることで
深い眠りに就くことが可能になるのだとか…。

 

ビスケットや、牛乳などが良いらしいですが、
いずれにしても、お腹いっぱい食べてしまうのは睡眠にとってマイナスになるので、注意が必要です。

 

 

睡眠と食事|ダイエットは禁物!?

睡眠と食事の関係についてだけ考えることができればラクなのですが、
日々の生活を送る中で、それは決して簡単なことではありません。

 

食事と聞くと大抵の人がダイエットや健康について考えるのではないでしょうか。

 

  • 見た目をスッキリさせたいからダイエットをする…
  • 健康診断で引っかかったからダイエットをする…

 

食べ物があふれている世の中なので、食べ過ぎないようにすることは
私達の生活の中で必須であるとも言えるようになってきています。

 

 

しかし、ダイエットの仕方によっては、睡眠に大きな影響を与えることに…

 

もちろん、好きなだけ食べましょうというわけではなく、
睡眠に弊害をもたらすダイエットは控えましょうということです。

 

 

主食抜き・甘いものは一切NG・脂肪は徹底的に避けるはダメ

ダイエットをする時にやってしまいがちなことは、徹底的なカロリー制限。
主食を抜いたり、甘いものは一切食べなかったり、脂肪分は避けたり…。

 

確かにカロリーを摂取しなければ、体重を減らすことは可能かもしれませんが、
ゲッソリした体型・表情になってしまうことは否めません。

 

また、必要な栄養分を抜いてしまうことは、眠りに必要な成分を体の中で
作り出すことができなくなり、深い眠りに就くこともできなくなります。

 

 

朝・昼・夜のカロリーのバランスを調整することで、過度なダイエットは控えるようにすることが、心地良い睡眠にとっても、健康にとっても大切だと言えます。

 


食事と睡眠の関係|快眠を促す食事法とは記事一覧

ネ・ムーンプラスは女性の老化防止に最適のサプリメント! 快適な眠りによって得られ...

ネ ・ムーンプラスは、睡眠サプリメント初心者の人に最適と言えるのではないでしょうか。というのは、この睡眠サプリの1日の目安が4粒なので、それを調整すれば少しずつ始めることが可能だからです。1粒から始めてみるもよし、通常通り4粒から始めるも良し。1瓶で120粒入っているというのも試しやすいポイントです...

≫続きを読む

ねむる本で快眠に必要なことを知ろう。不眠症を解消する2つの重要な知識について

不 眠症を体験した人の経験というのは、多いに参考になるものです。黒酢にも、快眠への活用というものが取り沙汰されていますが、このような「情報」を活用してみるのも1つの手段。「ねむる本」は、不眠症に悩みそこから改善を果たした著者が、薬などの科学的な方法を使わずに不眠症を改善する為に必要な2つのことをまと...

≫続きを読む