黒酢 お腹を壊す

黒酢は酸性です!!

康・美容・ダイエットの為に黒酢を活用している人が増えているそうですが、その中には黒酢を飲むことによって、お腹を壊すという症状に見舞われる人もいるのだとか…。

 

黒酢を飲む時の注意点

で、実際のところ、黒酢はお腹を壊す飲み物なのでしょうか。調べてみると、やはり量が問題のようです。考えてみれば当たり前かも…だって黒酢というのは結局のところ『酢』なので、酸性ということになります。料理用に使う酢をゴクゴク飲むことなどを想像すると、胃を痛めてしまうことは容易に想像できます。

 

黒酢を使った商品にも、飲む過ぎないように促す注意書きが記載されていることを考えると、やはり量には注意すべきです。

 

 

 

1日少量を長く続けることがポイント♪

ただ、黒酢が健康にとって悪いものではありません。そもそも、黒酢は大量に飲んだでも、その分効果がUPするようなものではないので、飲み過ぎということ自体がナンセンスなのかも。

 

じゃぁ、1日にどのくらいの摂取するのがいいの?と聞かれると、はっきりとした答えはないようなのですが…。飲むタイプの黒酢では、30mlなんて言われていますが、胃腸が弱い人だと、少なめの量から始めた方がいいのかもしれないです。

 

また、飲むタイミングとしては、やはり食後が最適(もしくは飲み物で割る…など)。これは酸性の黒酢が何もない胃に入るよりも、食べ物・飲み物と一緒の方がお腹を壊しにくいのだと思います。

 

大量に飲むことによって効果を得るのではなく、少しを毎日続けるつもりで飲みましょー。

 

>> 少量から始めるのに最適な黒酢は!?