黒酢 鹿児島

黒酢は鹿児島が有名

鹿児島県の地図

黒酢と言えば鹿児島が有名です。数ある黒酢商品の中で「ウチの製品は、黒酢の質にこだわってます!!」という感じで掲載しているものは、ほとんどが鹿児島県産の黒酢です。

 

個人的には鹿児島県産以外のものは見たことがありません。どのサイトを見ても「鹿児島が〜、鹿児島が〜」と言っています。最初は「この人たち…何でこんなに鹿児島言ってるの?他の場所でも作れるでしょ〜に…」と思っていましたが、調べてみると、この土地でしか厳選した黒酢が作れない理由があるようです。

 

黒酢は、たくさんの栄養素が詰まったものということは、もうご存知ですよね?しかし、その質には大きな差があります。つまり、同じ量の黒酢でも、健康に与える影響は大きく変わってしまうというわけです。そうなると、厳選した黒酢を使った商品を選ぶのは重要。鹿児島産の黒酢を使っているというのは、それなりの理由があるわけです。

 

>> 厳選黒酢に抜群の相性で健康威力UP!!

 

独特な製法が特徴

黒酢の壺

黒酢で有名な鹿児島県。特に有名なのが福山町です。ここでは、200年続く「伝統の露天かめ壺仕込み」という方法で製造されている模様。見逃してはならないポイントは、熟練した職人が仕込み、発酵させていくということです。

 

最近では、何かと機械化されてモノづくりが行われているわけですが、黒酢作りにおいては、職人の勘や経験がモノを言う…というわけですね。

 

で、そんな本格的な黒酢造りに欠かせないのが壺らしく、写真で壺がズラーっと並んだ光景を見たことがないでしょうか。これは鹿児島県の黒酢造りの特徴と言える「露天かめ壺仕込み」というそうで、1820年頃から伝わっている製法なんだとか。

 

 

無添加・無着色・無香料

完成した黒酢

ここまで製法にこだわっているわけですから、いまさら化学的な成分を配合していないというのは、言うまでもないことかもしれません。無添加・無着色・無香料で、原材料は玄米と、水・糀というのが主流のよう。これを1壺ずつ丁寧に仕込むわけで、黒酢の栄養分を引き出すことができるようです。

 

なので、黒酢を飲む時には、どのくらいの量を飲むのか…ということも重要ですが、どのような質の黒酢が配合されているのかも十分に注意することが必要です。

 

半端な黒酢を飲むくらいなら、質の良い黒酢を少量飲む方がマシ。そう考えると、サプリメントなどの小粒タイプでも試してみる価値はあるのかもしれませんね。